向いてる仕事

気が弱い人に向いている仕事とは?特徴と長所から見える適職を紹介!

気が弱い人に向いている仕事を知りたい
こんな自分にも強みはあるのだろうか

仕事を探すうえで、こういった悩みを抱えている方は少なからずいるでしょう。気が弱い方は、人間関係でストレスを抱えやすいといった傾向が見られますが、向いている仕事や強みはどういったものが考えられるのでしょうか。どんな性格にも長所や短所は存在します。自身の性格を理解して活かす方法を知ることが肝心です。

この記事では、気が弱い・メンタルが弱い方に向いてる仕事を紹介していきます。また、気が弱い人に向いていない仕事や気の弱さを直す方法も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

気が弱い人(メンタルが弱い人)とは?

気が弱い人・メンタルが弱い人」とはどういった人のことを指すのでしょうか。

一般的に気が弱い人とは、精神的に弱さのある人の総称です。例として、物事に対してネガティブであったり、失敗した時のことばかり考えて挑戦できなかったりする方が挙げられるでしょう。

また、気が弱い人は失敗した時の喪失感を恐れてしまい努力する気が起きなかったり、他者からの目線を良くも悪くも考え過ぎてしまったりする特徴もあります。

他にも、気が弱い人の多くが何事に対しても「気にし過ぎている」傾向があるでしょう。

しかし、そういったあらゆるデメリットはメリットに変えることが可能です。今まで、デメリットだと考えていた部分をメリットに変換し、活かせる仕事を見つけ出すことが大切でしょう。

気が弱い人に向いている仕事の特徴

気が弱い非地に向いている仕事にはどのような特徴があるのでしょうか。気が弱い人に向いている仕事を紹介する前に、向いている仕事の「特徴」について確認していきましょう。

特徴①ノルマに厳しくない仕事

まず、気が弱い人に向いている仕事の特徴のひとつとして「ノルマに厳しくない仕事」が挙げられます。仕事によっては月間のノルマが定められていて過度にストレスを抱えてしまう可能性も少なくはありません。ノルマに厳しくない仕事を選択することで、評価を気にし過ぎずストレスフリーで仕事ができるでしょう。

自分らしく仕事をしたいと考える際には、自身がストレスを抱えにくい環境を探すことが肝心です。

特徴②失敗が発生しにくい仕事

次に、気が弱い人に向いている仕事の特徴として「失敗が発生しにくい仕事」が挙げられます。失敗が発生しにくい仕事では、何度も見直しができたり自分以外のチェックがはいったり、時間はかかるものの2重・3重のチェックをすることが考えられます。

失敗が発生しにくい仕事は、突発的なミスが発生しにくく、メンタルに悪影響を及ぼす可能性が少ないでしょう。集中力を欠いた状態で仕事をすることも少なくなるので、気が弱い人に向いている特徴のひとつだと考えられます。

特徴③単純作業が多い仕事

単純作業が多い仕事」も気が弱い人に向いている仕事の特徴のひとつです。単純作業が多い仕事とは、食品加工工場での流れ作業や工場での部品組み立てといった仕事が挙げられるでしょう。

そのような仕事では、基本的に人と関わることなく黙々と作業に集中できるので、他人の目線を気にすることなく仕事ができるといった特徴があります。

 

気が弱い人に向いている仕事7選

実際に気が弱い人に向いている仕事とはどのような職業があるのでしょうか。ここでは、気が弱い人に向いている仕事を7つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

①プログラマー

気が弱い人に向いている仕事のひとつとして、「プログラマー」が挙げられます。プログラマーとは、プログラム言語を用いたシステム・ソフトウェアの開発や、システムの保守点検を行う職種のことです。

プログラマーといっても、関わる業種によって仕事内容は多岐に渡ります。仕事で扱うプログラム言語もメジャーなものからコアなものまであり、業務内容によっては即戦力になることもあるでしょう。プログラマーは、地道に1人でトライ&エラーを繰り返して構築していくので、人付き合いやコミュニケーションが苦手な気が弱い人には特におすすめな職業です。

②事務や総務

次に、「事務や総務」の仕事も気が弱い人に向いている仕事のひとつでしょう。事務や総務では、ノルマがなく決まった仕事をこなしていくのがほとんどです。ノルマを定められると、過度にストレスを感じやすい方には特におすすめでしょう。ノルマを感じることなく、安定した気持ちで仕事ができます。

しかし、ノルマがないから簡単な仕事といったわけではありません。臨機応変な対応や気配りを求められることがあるのも理解しておく必要があります。

③長距離ドライバー

長距離ドライバー」も気が弱い人に向いている仕事のひとつです。長距離ドライバーは、大型運転免許のみで運転できる車で、所属している運搬会社に応じた様々な品物を届ける業務がほとんどでしょう。

基本的には、1人で車を運転して品物を運びます。車の中では、自由にラジオや音楽が聴ける点も特徴的です。人と関わることが少ない業種でもあるので、気が弱い人には向いている仕事でもあります。

ただし、長時間運転することから体力面に自信がないと辛い業務になってしまう可能性があるので、注意が必要です。

④芸術家

芸術家」も気が弱い人に向いている仕事のひとつだと考えられるでしょう。芸術家は、気が弱い人の強みが発揮できる職業でもあります。繊細さや感情の起伏の激しさを作品に込めることが可能です。

むしろ気が弱い人の方が、画家や作家、演奏家といった仕事で自身の感情の起伏を表現でき、多くの方に共感を得やすいでしょう。芸術家として生計を立てていくには苦労や努力が伴います。自身の想いを貫く必要があるでしょう。

⑤警備員

警備員」も気が弱い人に向いている仕事のひとつです。警備員とは、特定の人物を警戒したり、不審物を見つけたりする職業を指します。また、警備員の仕事内容も数多く存在しますが、特におすすめなのが「施設警備員」です。

施設警備員は、施設の入り口や駐車場付近、通用口といった場所で出入りする人が、不審な人物でないか確認します。重要施設でなければ基本的に1人で業務を行うので、対人面に気の弱さが出てしまう方にはおすすめでしょう。

⑥自営業

気が弱い人に向いている仕事として「自営業」も挙げられます。自営業では、人に言われたことを気にする必要もなく、人間関係につまずくことも少ないのでおすすめです。

自身の裁量で仕事をしたり、自身のお店を経営したりといった、ある程度の業務は自身でコントロールできる自営業が向いている場合もあるでしょう。自営業は、収入が不安定になりやすい点や、体調不良により業務が滞る点もあるため、注意が必要です。

⑦ペットショップ店員

最後に「ペットショップ店員」も気が弱い人に向いている仕事のひとつです。ペットショップ店員は、ペットショップで扱われる様々などうぶつの日常の世話や販売をする仕事になります。

ペットショップ店員の業務のほとんどは動物の世話になるので、対人関係に気の弱さが出てしまう方にはおすすめの職業です。動物を販売するので、コミュニケーションは必要になってきますが、ほとんどの会話の話題は動物に関することなので、安心して会話できるでしょう。

気が弱い人に向いていない仕事3選

ここまで、気が弱い人に向いている仕事を紹介してきましたが、向いていない仕事はどういった職業が挙げられるのでしょうか。ここでは、気が弱い人に向いていない仕事を3つ紹介していきます。では早速詳しくみていきましょう。

①営業職

まず、気が弱い人に向いていない仕事のひとつとして「営業職」が挙げられます。営業職では、コミュニケーション能力を駆使して、新規・継続契約を結ぶのが基本となる仕事です。他人とうまく関わることが重要な業務内容となるので、気が弱い人には向いてない職業だと考えられるでしょう。

月間や週間でノルマを定められることもあるので、ストレスを感じやすい可能性があります

②コールセンタースタッフ

次に、「コールセンタースタッフ」も気が弱い人に向いていない職業のひとつになります。コールセンタースタッフは、企業や商品に対する問い合わせに対して、電話で対応する仕事です。

コールセンターでの電話内容は、顧客からのクレームに対応することが多く、精神的に辛いことが多くあるでしょう。打たれ強い人でないとできない仕事内容が多いので、気が弱い人には向いていない仕事だど考えられます。

③教職員

教職員」も気が弱い人に向いていない職業のひとつです。教職員は、学生に対して様々な科目や特定の科目を教える仕事になります。

教職員が相手にするのは学生だけではなく、他の教職員とのコミュニケーションも重要になってきます。また、学生の親とも会話が必要になってくるので、対人関係に不安を抱きやすい方には向いていない仕事だと考えられるでしょう。

気が弱い人が仕事をするうえで考えたいこと

気が弱い人が仕事をするうえで考えたいことはどのようなものがあるのでしょうか。日頃から心掛けておきたいことを意識していれば、より効率的に業務を行うことができ安心感のある環境にできるでしょう。ここでは、気が弱い人が仕事をするうえで考えたいことをいくつか紹介していきます。では早速みていきましょう。

自身の仕事の進め方を理解しておく

気が弱い人は、どんどん行動して結果を出していく気が強い人に比べると結果が出にくい傾向にあります。中々評価されないため精神的に辛い思いをするかもしれません。そのため、自身のペースで進めていく強みや弱みをしっかり理解しておくことが肝心でしょう。

自身の仕事は遅いと落ち込むのではなく、他の人に比べて慎重でしっかりとやっていると意識することが大切です。日頃から慎重過ぎていないか、完璧でないといけないと思っていないかなど、自身を見直すことも意識してみましょう。

上司との付き合い方について意識しておく

仕事をするうえで、上司とは良好な関係を保つのが肝心でしょう。しかし気が弱い人は受動的になりやすく、あらゆることを押し付けられがちな傾向にあります。

自身の上司なので断りにくく、ストレスを過度に感じてしまう可能性もあるでしょう。したがって、会社や上司に無理に良く見せようとするのでなく、少しずつ着実に仕事をこなしていくのが大切です。

自身の気の弱さを直す方法

自身の気の弱さをどうにかしたいと考えている方も多くいるでしょう。ここでは、自身の気の弱さを直す方法を3つ紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。では早速詳しくみていきましょう。

方法①自身を肯定する癖をつける

自身の気の弱さを直す方法のひとつとして「自信を肯定する癖をつける」ことが挙げられます。自身が頑張ったことをノートやメモ帳に書くなどして、自身を肯定する癖をつけていきましょう

気が弱い人は特に、自分に自信がない方が多く存在します。肯定する癖をつけることで、自信にもつながり普段の仕事や私生活にも良い影響が出るかもしれません。

方法②勇気を出して断る

勇気を出して断る」ことも自身の気の弱さを直す方法のひとつとして考えられます。気が弱い人は、断るのを申し訳ないと思いがちで受動的な方が多く存在するでしょう。

無理なものは無理と勇気を出して断ることが大切です。断ることをしないと、ストレスを抱え込んでしまい精神的に辛い思いをしてしまいます。勇気を出して断ることで、相手からも気軽に頼まれることも減っていき、仕事に集中できるでしょう。

方法③SNSを見過ぎない

自身の気の弱さを直す方法のひとつとして「SNSを見過ぎない」ことも挙げられます。気が弱い人は、SN Sを見過ぎて他人の幸せを疎ましく感じてしまう可能性も少なからず考えられるでしょう。

よくSNSを見てしまう癖がある方は、「見て良い時間を決める」「事前に何を見るか決めておく」といったルールを定めるといった方法があります。

「気が弱い人」に関するよくある質問

ここまで、気が弱い人に向いている仕事や特徴について解説してきましたが、疑問に思うこともいくつかあるでしょう。ここでは、「気が弱い人」に関するよくある質問について、Q&A形式で解説していきます。では早速詳しくみていきましょう。

Q.気が弱くても正社員としてやっていける?

A.正社員として働くためには、何が必要なのか改めて考えてみることが大切でしょう。職場の人間関係や仕事内容など、自身の求める環境が整っていれば安心して正社員として働くことができます。

Q.気が弱いが故に何かに依存してしまいがちなのは大丈夫なのか

A.依存先を広く浅く増やすことが独立につながる」といった知見があります。依存することは決して悪いことではありません。しかし、依存先が少ないとひとつに寄りかかってしまい、依存できないことが悪影響へとつながる可能性もあります。

趣味がある人は、趣味の幅やコミュニティを増やしてみると依存する先が増えていくでしょう。

まとめ

ここまで、気が弱い人に向いている仕事とは何か、自身の気の弱さを直すといったことを解説してきました。自身に向いているかもしれない仕事は見つかったでしょうか。

気が弱いということはそれだけ慎重だという長所があります。どんな性格にも長所があるように気が弱いという性格にも長所がいくつも存在します。自身の強みを改めて理解して、自身に合った仕事を探し出すのが肝心でしょう。

 

-向いてる仕事

Copyright© ワーク発見ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.