向いてる仕事

めんどくさがりに向いてる仕事とは?強みを理解して活かす方法も紹介!

めんどくさがりな性格だけど、向いてる仕事が知りたい
めんどくさがりな自分だけど、強みはあるのだろうか

このような悩みを抱えている方は少なからずいるでしょう。めんどくだがりな人は、自分にとって無駄なことだと感じてしまうと、やる気がなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、めんどくさがりな人に向いてる仕事や、めんどくさがりな人の強みなどについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

めんどくさがりな人が持つ強みとは?

めんどくさがりな人が持つ強みとは、どのようなものがあるのでしょうか。強みを理解しておけば、あらゆる状況において、最善の策がみつかるかもしれません。ここでは、めんどくさがりな人が持つ強みについて詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

強み①仕事を効率化できるポイントを見つけやすい

まず、めんどくさがりな人が持つ強みは「仕事を効率化できるポイントを見つけやすい」点が挙げられるでしょう。めんどくさがりな人は、無駄なことを嫌う傾向にあります。その影響で、無駄なことをやりたくないので、どのようにすれば楽になるかをよく考えるでしょう。

その結果、仕事を進めるシステムを作ったり、やらなくて良い部分を思い切って省いたりすることで効率の良い仕事ができる傾向にあります。昔からやっているから必要だと思っていた作業や上司の人から教えてもらったからといったことでも、無駄な部分をみつけ出すことができるのがめんどくさがりな人の強みです。

強み②仕事に取り組むのが早い

次に「仕事に取り組むのが早い」点も、めんどくさがりな人の強みでしょう。めんどくさがりな人は、仕事に取り組むのが早い傾向にあります。余計なことを考えずに仕事に取り組むので、仕事が終わるのも早いでしょう。

自分に与えらた仕事をある程度形にすることは得意なので、あとは完璧主義の人に任せるといった役割分担をすればより効率的に作業ができます。

強み③時間配分が上手い

めんどくさがりな人は「時間配分が上手い」点も、めんどくさがりな人が持つ強みのひとつでしょう。めんどくさがりな人は、上記の強みのように無駄な部分を見つけたり仕事が早かったりするので、その分時間配分も上手いことが多いです。

めんどくさがりな人は、食事やプライベート、趣味の時間など仕事以外の時間をしっかり確保したい人が多い傾向にあります。その影響で、時間配分もしっかりしており仕事にも高い集中力を持って終わらせようとすることが多いです。

めんどくさがりな人に向いてる仕事7選

めんどくさがりな人の強みは解説しましたが、実際にめんどくさがりな人に向いてる仕事とはどのような職業があるのでしょうか。自分の強みを理解したうえで、仕事を探すのが大切になってくるでしょう。ここでは、めんどくさがりな人に向いてる仕事を7つ紹介していきます。

自分に適している仕事がないか探してみるのもおすすめです。では早速みていきましょう。

①事務員

まず、めんどくさがりな人に向いてる仕事のひとつに「事務員」が挙げられます。事務員とは、仕事内容だけで言えばデータ入力や処理、書類作成といった業務を行う人のことを指すでしょう。事務職には、専門的な知識が必要な「医療事務員」といった職業もあり、事務員といっても多岐にわたります。自分に合った仕事内容を選ぶのが肝心です。

仕事内容はそれほど難しいものではないので、めんどくさがりな人にも向いてる仕事と考えられるでしょう。慣れてくれば仕事の効率化も可能です。

②ライター

次に、「ライター」の仕事もめんどくさがりな人に向いてる職業のひとつです。めんどくさがりな人の中でも、考えごとが好きな方や文章の読み書きが好きな方には特に向いてる職業でしょう。

ライターの仕事は、企業等が開設しているサイトのコラム記事やインターネット広告の文章などを考えることが多いです。検索エンジンで上位サイトに載るような記事を書いたり、SNSで拡散されるような文章を考えたり苦労することはあるかもしれません

しかし、仕事を繰り返して行うことで在宅での作業も可能になるので、出勤するのがめんどうだと感じる方にはおすすめの仕事でもあります。

③システムエンジニア

システムエンジニア」の仕事も、めんどくさがりな人に向いてる職業のひとつでしょう。システムエンジニアは「SE」とも呼ばれており、顧客の目的に合ったコンピュータシステムを設計するのが基本的な仕事内容です。

システムエンジニアになるためには、理工や情報処理系の専門コースがある大学や専門学校などで学んでおく必要もあり、簡単になれる職業ではないので苦労することもあるでしょう。

システムエンジニアの仕事は、無駄な部分を探したり削除したりする仕事内容なので、めんどくさがりな人にも向いてる職業です。

④ITコンサルタント

めんどくさがりな人に向いてる職業のひとつとして「ITコンサルタント」の仕事も挙げられます。ITコンサルタントは、クエアイアンとの要求に応じインターネットを使用したビジネスを技術面でサポートするのが基本的な仕事内容です。

技術面のサポートだけではなく、クライアントと事業の成功に必要な戦略を練ることもあります。めんどくさがりな人は、効率化が得意な傾向にあるので、より良くできるアドバイスが得意かもしれません

⑤タクシードライバー

タクシードライバー」の仕事も、めんどくさがりな人に向いてる仕事のひとつです。タクシードライバーは、乗客を目的地まで安全に送り届けることが基本的な仕事内容となります。そのため、普通自動車第二種運転免許の取得が義務付けられてるでしょう。

タクシードライバーは、10年以上経験を積めば個人として働くことができ、個人での事業は自由に行うことができます。そのため、めんどくさがりな人にも向いてる職業だと考えられるでしょう。

⑥マンションの管理人

めんどくさがりな人に向いてる職業のひとつとして「マンションの管理人」が挙げられます。マンションの管理人は、自身が管理・所有しているマンションの巡回点検や共有施設の管理業務などが基本的な仕事内容でしょう。

マンションの管理人は、基本的に人と関わることが少ない職業のひとつです。めんどくさがりな人の中でも、人と関わるのがめんどうだと感じやすい人にはおすすめでしょう。ただし、マンションを所有できるだけの資金力が必要となるので、注意が必要です。

⑦イラストレーター

イラストレーター」の仕事も、めんどくさがりな人に向いてる職業のひとつです。イラストレーターとは、クライアントの要望に応じてイラストを作成する人のことを指します。めんどくさがりな人の中でも、絵を描くことが好きな方におすすめの職業になります。

イラストレーターは、実績を積んでいけば個人としても十分に活躍できる仕事です。そのため、在宅で作業が可能なので、人と関わることがめんどうだと感じやすい方にも向いてる職業だと考えられるでしょう。

めんどくさがりな人に向いてない仕事3選

めんどくさがりな人に向いてる仕事をいくつか紹介してきましたが、逆に向いてない仕事とはどのようなものが考えられるのでしょうか。事前に向いてない職業を知っておくことで、仕事を探す手間を省くことができるでしょう。ここでは、めんどくさがりな人に向いてない仕事を3つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

①コールセンター

まず、めんどくさがりな人に向いてない職業のひとつとして「コールセンター」が挙げられます。コールセンターでは、顧客のクレームに対応するのがほとんどの仕事です。その場で解決するのが難しい内容も多くなってくるので、めんどくさがりな人には向いてない職業でしょう。

次から次へとなる電話に嫌気がさしてしまう方も少なくはありません。めんどくさがりな人の中でも、想定外の問題が起こるのが苦手な方には、特に向いてない職業でしょう。

②工場の生産工程職

次に「工場の生産工程職」の仕事も、めんどくさがりな人に向いてない職業のひとつです。工場の生産工程職では、ライン工といった流れ作業の仕事内容がほとんどでしょう。毎日同じことの繰り返しとなるので、めんどくさがりな人はすぐに飽きてしまう可能性があります。

また、担当が決まっており締め切りがあるなど、めんどくさがりな人が憂鬱に感じてしまう仕事内容も多いので向いてないと考えられるでしょう。

③チェーン店の店員

めんどくさがりな人に向いてない仕事として「チェーン店の店員」も考えられるでしょう。チェーン店の店員は、業務が多岐にわたり新商品の開発が多いようなチェーン店では、覚えることが多く忙しい日々を送ることになります。

また、チェーン店の多くではマニュアルが定められており、マニュアル通りに仕事をこなしていかなければなりません。そのため、無駄なことを嫌う傾向にあるめんどくさがりな人には、向いてない職業だと考えられるでしょう。

めんどくさがりな人が自分に合った仕事を見つけるコツ

仕事を探していくうえで、自分に合った職業を探すのは大切なことでしょう。自分に合った仕事を見つけるコツを理解しておけば、仕事を探す際に苦労をしなくて済むかもしれません。ここでは、めんどくさがりな人が自分に合った仕事を見つけるコツについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。では早速みていきましょう。

コツ①受身な人が多い職場は避けるようにする

まず、コツのひとつとして「受身な人が多い職場は避けるようにする」ことが挙げられます。めんどくさがりな人でも能力がある人は、仕事を多く任せられることが多いです。そのため、周りが受身でやる気があまりない人が多いと、その分のしわ寄せが自分に回ってくる可能性があります。

適度にやる気がある社員や、自分だけに仕事が多く回ってきそうな職場はなるべく避けるようにしましょう。

コツ②効率化が求められる仕事を選ぶ

効率化が求められる仕事を選ぶ」ことも、めんどくさがりな人が自分に合った仕事を見つけるコツのひとつでしょう。上記のめんどくさがりな人が持つ強みでも解説したように、めんどくさがりな人は効率化が得意な傾向にあります。

そのため、効率化を求められる仕事は無駄を省くことにもつながるため、めんどくさがりな人にはおすすめです。逆に、無駄だと感じてしまうが効率化がどうしても難しい「公務員」といった職業を選ぶのは、なるべく避けた方が良いでしょう。

コツ③適度に手を抜ける職場を選ぶ

最後に、コツのひとつとして「適度に手を抜ける職場を選ぶ」ことが挙げられます。適度に手を抜ける職場を選ぶことは、めんどくさがりな人が伸び伸びと仕事ができるようにするために大切なことでもあるでしょう。

仕事場では、真面目に働くことや頑張り続けないといけないと感じさせてしまう環境も少なくはありません。そのような職場環境では、無駄な努力を強いられめんどくさがりな人には向いてないと考えられるでしょう。したがって、なるべく適度に手を抜けるような職場を選ぶようにするのがおすすめです。

仕事におけるめんどくさがり方の種類

仕事をするにあたって、めんどくさがり方には種類があるのを知っている方はいるでしょうか。仕事におけるめんどくさがり方には、「良いめんどくさがり方」と「悪いめんどくさがり方」が存在します。ここでは、そんな仕事におけるめんどくさがり方の種類について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

良いめんどくさがり方とは

良いめんどくさがり方とはどういったことを指すのでしょう。良いめんどくさがり方とは、めんどくさがりな人が持つ強みを活かして、仕事を効率化したり早く終わらせたりすることを指します。

良いめんどくさがり方をすれば、仕事における改善案を考え工夫を繰り返し、より良い生産性を産むことも可能です。良いめんどくさがり方は、仕事内のチーム関係も良い影響を与えるので、めんどくさがりな人の存在が重宝されることもあるでしょう。

悪いめんどくさがり方とは

悪いめんどくさがり方とは、効率化しようと考えることすらめんどうだと感じてしまうことを指します。このような考え方になってしまえば仕事を効率化できなくなるだけでなく、仕事すらもめんどうだと感じてしまい、やる気そのものが喪失してしまう可能性があるでしょう。

そのため悪いめんどくさがり方にならないように、自分のモチベーションはなるべく保てるようにしておくのが肝心です。

まとめ

ここまで、めんどくさがりな人に向いてる職業や向いてない職業などについて詳しく解説してきました。自分に合った職業がみつかった方はいたでしょうか。めんどくさがりな性格は短所ではなく、長所だと捉えることも可能です。めんどくさがりな人だけが持つ強みも存在します。

自分の強みを理解して、強みに適した職場や仕事内容を探し出すのが肝心でしょう。

-向いてる仕事

Copyright© ワーク発見ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.