仕事 向いてる仕事

自分に自信がない人に向いてる仕事を紹介!克服法や強みも合わせて解説!

自分に自信がないけど向いてる仕事はあるのだろうか
もっと自分に自信が持てるようになりたい

このような悩みを抱えている方は少なくはありません。自分に自信がない人は、内気で消極的になりがちでしょう。また、失敗やミスを引きずってしまう傾向もあるので、仕事に集中できない方も多いでしょう。

ここでは、自分に自信がない人の強みや、自分に自信がない人に向いてる仕事などについて詳しく解説していきます。自分の性格に心当たりのある方や仕事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に自信がない人の特徴・強み

自分に自信がない人には、どのような強みがあるのでしょうか。自分の強みを理解しておくことで、これからの生活や仕事に良い影響が出るかもしれません。ここでは、自分に自信がない人の強みについて詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

強み①謙虚

自分に自信がない人の強みのひとつとして「謙虚」なことが挙げられます。自分に自信のない人は、変に威張ったり偉ぶったりすることがないため、多くの人に好かれやすい傾向にあるでしょう。

コミュニティの中ではあまり目立つようなタイプではありませんが、謙虚な姿勢に好感を持たれることも多く、良好な関係を築きやすいです。

強み②気持ちが優しい

次に、「気持ちが優しい」ことも自分に自信がない人の強みだと考えられるでしょう。気持ちが優しいとは、人の気持ちを考えたり思いやりがあることを指します。自分に自信がない人は、利他的で配慮のできる人が多い傾向にあります。

誰かにトラブルが起こった際にも手を差し伸べたり、トラブルを解決する策を考えたりする人が多いでしょう。さらに、誰にでも平等であることも多いため、上司部下関係なく接する姿も好感を得やすいと考えられます。

強み③慎重

慎重」であることも、自分に自信がない人の強みだと考えられます。自分に自信がない人は、内向的な一面も持っているため、考え過ぎてしまうことも多くあるでしょう。そのため、何事も慎重に進めていく傾向にあります。

慎重であるため、リスク回避能力が高い人も多いです。仕事をするうえで、リスク回避能力は大切な能力だと考えられます。自分に自信がない人は、様々な角度から物事を考えリスクを少しでも回避できるでしょう。

自分に自信がない人に向いてる仕事7選

自分に自信がない人の強みについて解説しましたが、実際に向いてる仕事とはどのような職業が考えられるのでしょうか。ここでは、自分に自信がない人に向いてる仕事を7つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

自分に自信がない人に向いてる仕事①警備員

まず、自信がない人に向いてる職業のひとつとして「警備員」の仕事が挙げられます。警備員は、特定の人物を警戒したり、不審物をみつけたりするのが基本的な仕事内容です。警備員の中でも、「施設警備員」の仕事は、施設内の巡回や駐車場や出入り口の確認なので、自信がない人でも難なくこなせるでしょう。

慎重な性格が強みでもあるので、隅々まで巡回することが考えられるので向いてる職業だと考えられるでしょう。ただし体力が必要になることもあるので、注意が必要です。

自分に自信がない人に向いてる仕事②小説家

次に、「小説家」の仕事も自分に自信がない人に向いて職業のひとつだと考えられます。小説家の仕事は、物語を作成し文章にするのが一般的な仕事内容でしょう。自信がない人は、考えこむことが多い傾向にあります。頭の中でいろんなことを日頃から考えている人には、特におすすめの職業でしょう。

ただし、小説家として生活していくにはそれなりの努力が必要になってきます。精神力も大切になってくるので、注意が必要です。

自分に自信がない人に向いてる仕事③事務

自分に自信がない人に向いてる職業として「事務」の仕事も挙げられるでしょう。事務の仕事は、主にパソコンを使用したデータ入力や文書作成、来客対応といったことがほとんどです。事務の仕事は、多くのことがマニュアル化されているので、自信がない人でも安心して仕事を行うことが可能でしょう。

医療事務」といった専門的な知識が必要となる事務の仕事も存在するので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

自分に自信がない人に向いてる仕事④プログラマー

プログラマー」の仕事も、自分に自信がない人に向いてる職業のひとつです。プログラマーは、システムエンジニアが作成した仕様書通りに、プログラムが作動するようにシステムを構築するのが主な仕事内容です。

専門的なプログラム言語から一般的なプログラム言語まで、様々なプログラム言語を使用するのである程度の知識は必要になります。1人で黙々と作業するのがほとんどなので、対人関係に自信が持てない方には、特におすすめの職業でしょう。

自分に自信がない人に向いてる仕事⑤配達

自分に自信がない人に向いてる職業として「配達」の仕事が挙げられます。配達の仕事は、荷物を指定された場所まで安全に届けるのが基本的な仕事内容でしょう。

基本的に1人で作業が完結する仕事なので、自分に自信がない人の中でも内向的な一面がある方には特におすすめの職業です。ただし体力を要する仕事でもあるので、注意が必要でしょう。

自分に自信がない人に向いてる仕事⑥翻訳家

翻訳家」の仕事も自分に自信がない人に向いてる仕事のひとつでしょう。翻訳家とは、英語を日本語に訳す仕事をしている人を指します。また、日本語を英語に訳すこともあるでしょう。英語だけでなく、様々な言語を訳す仕事です。

正確に翻訳できることが求められるので、慎重な性格でもある自分に自信がない人に向いてる職業でしょう。読書や英語が好きな人には、特に向いてる仕事になります。

自分に自信がない人に向いてる仕事⑦芸術家

自分に自信がない人に向いてる職業として「芸術家」の仕事も考えられるでしょう。自分に自信がない人は、ネガティブな思考に陥ることもあります。しかし、芸術家にとってはそんなネガティブな心もアートに変えることができるでしょう。

しかし、苦労が伴い努力も要するので、ある程度覚悟が必要になります。絵が好きな方やアートに興味のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

自分に自信がない人に向いてない仕事3選

自分に自信がない人に向いてる仕事があるように、自分に自信がない人に向いてない仕事も少なからず存在するでしょう。ここでは、自分に自信がない人に向いてない仕事を3つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

自分に自信がない人に向いてない仕事①営業職

自分に自信がない人に向いてない職業のひとつとして「営業職」が挙げられます。営業職の仕事は、月間や週間ごとにノルマを定められることがほとんどです。自分に自信がない人は、ノルマを達成しなければいけないといったプレッシャーを感じやすいでしょう。

そのため、仕事に集中できずミスしてしまう可能性もあります。自分に自信がない人は、仕事を選ぶ際営業職はなるべく避けた方が良いでしょう。

自分に自信がない人に向いてない仕事②コールセンター

コールセンター」の仕事も自分に自信がない人に向いてない職業のひとつでしょう。コールセンターの仕事は、クライアントからの電話対応が基本的な仕事内容です。

電話対応の中には、クレーム対応も含まれるためストレスを多く抱えてしまうでしょう。自分に自信がない人は打たれ弱い一面があるので、クレームに耐えられない可能性があります。

自分に自信がない人に向いてない仕事③医師

自分に自信がない人に向いてない職業として「医師」の仕事が挙げられるでしょう。医師の仕事は命を預かる大変な仕事内容も含まれます。自分に自信がない人では、命を預かるといった責任の重い仕事は向いてないと考えられるでしょう。

その他にも、ストレスを抱えることが多い職業でもあります。自分に自信がない人は、なるべく避けた方が良い職業だと考えられるでしょう。

自分に自信がない人が自信を持てない原因

自分に自信がない人は、どうして自信がないといった思考回路に陥るのでしょうか。ここでは、自分に自信がない人が自信を持てない原因を詳しく解説していきます。陥りやすい思考回路を理解することで、事前にそのような思考回路にならないように防ぐことができるかもしれません。では早速みていきましょう。

自己肯定感が低い

自分に自信がない人が自信を持てない原因のひとつとして、「自己肯定感が低い」ことが挙げられます。自分に自信がない人は、自分を嫌っている傾向があるでしょう。そのため、自分に自信のない人は自分の長所ではなく、短所ばかりを気にしてしまいがちです。

自己肯定感が低いと、何をやってもダメだといった悪循環に陥ってしまうので、注意が必要でしょう。マイナスなことばかり考えていると、仕事やプライベートにも悪影響が及ぶかもしれません。

自信過剰

自意識過剰」なところも、自分に自信がに人が自分に自信が持てない原因のひとつでしょう。自分に自信がない人は、他人の目を気にしてしまいがちです。失敗したら恥ずかしい、嫌なことを言われたらどうしようといったことを考えてしまう方も多いでしょう。

批判や非難に敏感でもあるため、行動力が狭くなってしまうことも考えられます。

自分に自信を持つための方法とは?

自分に自信を取り戻したい
自分に自信を持って仕事ができるようになりたい

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょう。実際にどのような方法で、自分に自信を持つことができるようになるのでしょうか。ここでは、自分に自信を持つための方法について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

方法①他の人と比較しない

自分に自信を持つ方法のひとつとして「他人と比較しない」ことが挙げられます。自分に自信がない人は、他人の目を気にしがちで比較する傾向にあるでしょう。そのため、他の人と比較するのではなく過去の自分と比較するようにしましょう。

他の人ではなく、自分に意識を持っていくことで他人の目を気にしすぎることがなくなる可能性があります。自分に意識を持っていくことは、自分の役割ややるべきことを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

方法②自分を肯定する癖をつける

次に、「自分を肯定する癖をつける」ことも自分に自信を持つ方法のひとつでしょう。自分に自信のない人は、些細なミスでも自分を否定してしまいがちです。自分を否定してしまうことは、何もうまくいかない悪循環につながる可能性があります。

そのため、自分を否定するのではなく肯定する癖をつけるようにしましょう。たとえば、朝はやく起きることができたといった些細なことでも自分を肯定する材料にします。

方法③自分に合った環境をみつける

自分に自信を持つ方法として「自分に合った環境をみつける」ことも考えられます。性格を無理に変えることは、余計にストレスを抱えてしまう可能性があるでしょう。その際には、環境を考え直す必要があるかもしれません。

自分に自信がない人は、向いてる仕事を探し環境を変えることで精神的に安定し、結果的に自信を持つことにつながる可能性があるでしょう。

方法④他己目標を立てる

他己目標を立てる」ことも、自分に自信を持つ方法のひとつでしょう。他己目標とは、誰かのために行う行為を目標とすることです。

自信をつけるためには目標を立てることは一般的でしょう。しかし、その目標を誰に向けるかによって影響は大きく変わってきます。誰かに向かって行う思考は、結果的に自信を持つきっかけになるでしょう。

方法⑤些細な成功体験を積み上げる

最後に、「些細な成功体験を積み上げる」ことも自分に自信を持つ方法のひとつです。自分に自信のない人は、些細なミスや失敗を引きずってしまいがちでしょう。しかし、些細な成功体験を自信につなげる意識を持つことによって、自分に自信が持てるようになります。

成功体験を得ると、さらに成功体験を積み上げたいと努力するようになり、「やればできる」といった考えになるでしょう。また、過去の成功体験を思い出すことも大切です。ポジティブな思考は自尊心を高めることにもつながるので、自分に自信を持つことができるでしょう。

まとめ

ここまで、自分に自信がない人の強みや向いてる仕事、自分に自信を持つ方法について解説してきました。自分に自信がない人は、些細なミスを気にしたり他人の目を気にしてしまいがちです。弱みな一面が多いようにも考えられますが、強みもたくさん存在します。

自分の強みをしっかり理解することで、向いてる仕事も自然とわかってくるでしょう。自分に自信を持つ方法もいくつか存在します。自分に合った方法でストレスなく、少しずつ自信を持っていくことが肝心でしょう。

-仕事, 向いてる仕事

Copyright© ワーク発見ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.