どんくさい人に向いてる仕事を紹介するこちに関した画像

仕事 向いてる仕事

どんくさい人に向いてる仕事とは?特徴や心理を理解して適職を探そう

よくどんくさいと指摘されてしまうけど、どうすれば良いのだろう
どんくさい自分に向いてる仕事は何だろう

このような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。どんくさいことで、仕事やプライベートに悪影響を及ぼすこともあるかもしれません。ここでは、どんくさい人に向いてる仕事やどんくさい自分を克服する方法などについて解説していきます。自分に当てはまる部分がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

どんくさい人とは?

どんくさい人とは?に関する画像

まず、どんくさい人とはどのような人のことを指すのでしょうか。ここでは、改めてどんくさいと呼ばれる人についてみていきましょう。

どんくさいとは、のろのろしていて間が抜けているといった意味があります。行動面で考えると、物事をスムーズに進めなかったり、期待するよりもワンテンポ遅い行動をとってしまうことが挙げられるでしょう。周りにいる人の中には、どんくさい人を見ると苛立ってしまう方がいるかもしれません。

どんくさい人の特徴

どんくさい人の特徴に関する画像

どんくさい人には、どのような特徴があるのでしょうか。特徴を理解しておくことで、仕事を探す際に役立つかもしれません。ここでは、どんくさい人の特徴について詳しく解説していきます。では早速みていきましょう。

特徴①人の心を開きやすい

どんくさい人の特徴のひとつとして「人の心を開きやすい」ことが挙げられます。どんくさい人は、のんびりしていてマイペースな性格の人が多い傾向にあるでしょう。そのため、人から警戒されにくく、人の心を開きやすいです。

また、どんくさいけれど一生懸命頑張っている姿は好感を得ることも多くあるでしょう。仕事をするうえで、人に警戒心を抱かせないのは大きなメリットとも考えられます。

特徴②言動が遅い

どんくさい人は「言動が遅い」ことも特徴のひとつだと考えられます。どんくさい人は、話したり行動したりすることが遅くなってしまう傾向が多くあるでしょう。

また、頭の中で情報を処理するのに時間がかかってしまい、行動を始めるのも遅くなってしまいます。逆に焦ってしまうと、余計にどんくささを発揮してしまうこともあるので注意が必要でしょう。

特徴③忘れることが多い

忘れることが多い」ことも、どんくさい人の特徴のひとつです。どんくさい人は、自分の言動や相手から言われたことを忘れやすい傾向にあるでしょう。

そのためどんくさい人の中には、大事な約束を忘れてしまったり同じミスを繰り返したりした経験がある方もいるのではないでしょうか。

特徴④運動が苦手なことが多い

どんくさい人の特徴として「運動が苦手なことが多い」点も挙げられます。どんくさい人は、走ってる姿がぎこちなかったり隔たりのない地面でつまずいたりすることがあるでしょう。

そのためどんくさい人の中には、フットワークを軽くして素早く業務を行わなければいけないような作業は、少し苦手だと感じてしまうかもしれません。

特徴⑤優先順位をあまりつけられない

優先順位をあまりつけられない」ことも、どんくさい人の特徴のひとつだと考えられるでしょう。どんくさい人は、物事に優先順位をつけるのが苦手な傾向にあります

そのため、何が重要で何が重要ではないのかを1人で見極めることができず、長い時間考えてしまうこともあるでしょう。どんくさい人の中には、優先順位をつけられない結果、周りから急かされたりした経験もあるのではないでしょうか。

どんくさい人に向いてる仕事5選

どんくさい人に向いてる仕事を5選紹介することに関した画像

どんくさい人の特徴について解説してきましたが、実際に向いてる仕事とはどのような職種があるでしょうか。ここでは、どんくさい人に向いてる仕事を5つ紹介していきます。自分に適した職種がないか探してみてはいかがでしょうか。では早速みていきましょう。

どんくさい人に向いてる仕事①新聞配達

どんくさい人に向いてる仕事のひとつとして「新聞配達」が挙げれられます。新聞配達は、指定された場所や契約している家に新聞を届けるのが基本的な仕事内容です。

新聞配達は基本的に、1人で作業するのがほとんどなので仕事仲間に迷惑をかける心配もいりません。ただし、早朝に業務は行われるので、早起きが苦手な方には厳しい可能性があるでしょう。

どんくさい人に向いてる仕事②翻訳家

「翻訳家」の仕事も、どんくさい人に向いてる職種のひとつでしょう。翻訳家は、英語を日本語に翻訳したり、逆に英語を日本語に翻訳したりするのが基本的な仕事内容です。

英語だけではなく、様々な言語を翻訳する可能性があります。そのため、どんくさい人の中でも、英語や他の外国語が得意な方に向いてる仕事だと考えられるでしょう。

どんくさい人に向いてる仕事③webライター

どんくさい人に向いてる仕事として「webライター」も考えられます。webライターは、企業やクライアントから依頼された内容を把握し、文章を構成し執筆するのが基本的な仕事内容でしょう。

webライターの仕事も1人で作業が完結することがほとんどです。他の人の目を気にすることなく、マイペースに仕事を進められるので、どんくさい人に向いてる仕事だと考えられるでしょう。

どんくさい人に向いてる仕事④介護福祉士

「介護福祉士」の仕事も、どんくさい人に向いてる職種として挙げられるでしょう。介護福祉士は、ホームヘルパーや介護施設で介護業務を行っている人のことを指します。

どんくさい人の、マイペースな性格や警戒心を抱かれにくいことから、高齢の方が安心して過ごせる環境を作ることができるでしょう。ただし、専門的な知識も必要となるので注意が必要です。

どんくさい人に向いてる仕事⑤マッサージ師

最後に、どんくさい人に向いてる仕事のひとつとして「マッサージ師」が考えられます。マッサージ師は、手のひらや指で体のツボを押したりほぐしたりすることで、患者の様々な症状を和らげる人のことを指します。

マッサージ師にも様々な種類があるので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。どんくさい人には、心を開きやすい傾向にあるので、患者も安心して施術を受けることができるでしょう。

どんくさい人に向いてない仕事3選

どんくさい人に向いてない仕事を3選紹介することに関した画像

どんくさい人に向いてない仕事とはどのような職種があるのでしょうか。向いてない仕事も理解しておくことで、効率良く仕事を探すことができるでしょう。ここでは、どんくさい人に向いてない仕事を3つ紹介していきます。では早速みていきましょう。

どんくさい人に向いてない仕事①秘書

どんくさい人に向いてない仕事として「秘書」が考えられるでしょう。秘書は、上司の代わりに業務を行ったり仕事の依頼をこなしたりします。自分以外のスケジュールも管理しないといけません。また、臨機応変な対応力も求められるでしょう。

そのため、物覚えが悪かったり咄嗟に対応できない傾向にあるどんくさい人には向いてない仕事だと考えられます。

どんくさい人に向いてない仕事②コンサルタント

コンサルタント」の仕事も、どんくさい人に向いてない職種のひとつです。コンサルタントは、クライアントの意見を汲み取らなければいけない場面が多くあります。また、複雑なマルチタスクを同時にこなしていかなければならないため、どんくさい人には向いてない仕事でしょう。

人の意見を聞き出す能力や高いコミュニケーション能力も求められるため、どんくさい人の中でも対人関係に自信がない方はなるべく避けるべき職種だと考えられます。

どんくさい人に向いてない仕事③ディレクター

最後に、どんくさい人に向いてない仕事として「ディレクター」が挙げられます。ディレクターは、他の人に指示を出して仕事をこなしていくのがほとんどです。そのため、広い視野や判断能力の高さが求められるでしょう。

どんくさい人は、判断能力が低く行動も遅い傾向にあるので、ディレクターの仕事は向いてないと考えられます。

どんくさい自分を克服する方法

どんくさい自分を克服する方法に関する画像

どんくさい自分をどうにかしたいと考えている方は少なくはありません。克服することで、仕事やプライベートは、より良くなっていくでしょう。ここでは、どんくさい自分を克服する方法について詳しく解説していきます。自分に合った方法で、ストレスなく克服していくことが大切でしょう。

方法①タイムスケジュールを作成する

どんくさい自分を克服する方法のひとつとして「タイムスケジュールを作成する」ことが挙げられます。理想のタイムスケジュールを立てるのではなく、現実的なタイムスケジュールを立てるようにしましょう。

特に現在タイムスケジュールを立てていない方は、現実的なタイムスケジュールを立てることをおすすめします。自分がどのくらいの時間でどのくらいの業務が行えるのかも、合わせて把握しておきましょう。

方法②自分ができていることは認める

自分ができていることは認める」ことも、どんくさい自分を克服する方法のひとつです。どんくさい人の中には、怒られたり否定されたりして心が落ち込みやすくなっている方もいるかもしれません。

そのため、慎重になりすぎて行動を起こすのも躊躇してしまっている可能性があります。したがって、自分は何ができているのか把握し、しっかりと自分を褒めていきましょう

方法③やるべきことを書き起こす

どんくさい自分を克服する方法のひとつとして「やるべきことを書き起こす」ことが考えられます。どんくさい人は、何事も忘れやすい傾向にあるでしょう。

そのため、どんなに小さな業務も書き起こしておくことをおすすめします。些細なこともメモしておくことで、小さなミスが減っていくでしょう。

方法④時間内に作業を終わらせることを意識する

時間内に作業を終わらせることを意識する」のも、どんくさい自分を克服する方法のひとつです。どんくさい人は、どうしても作業に時間がかかってしまいがちでしょう。

そのため、どんな作業を行うにしても時間内に終わらせることを意識して作業を進めでいきます。始めのうちは、時間がかかってしまいますが、慣れていけば作業の効率化につながるでしょう。

方法⑤優先順位のつけ方について学ぶ

最後に、どんくさい自分を克服する方法のひとつとして「優先順位のつけ方について学ぶ」ことが挙げられます。どんくさい人は、優先順位をつけるのが苦手でどの作業から取り組めば良いのか、長い時間悩んでしまう傾向にあります

ネット記事や参考書を利用して優先順位のつけ方を学んでいく手段もあるでしょう。また、やるべき仕事をメモしておくことで優先度や緊急度を確認していく手段もあります。自分に合った学び方で学んでいきましょう

まとめ

ここまで、どんくさい人の特徴や向いてる仕事、どんくさい自分を克服する方法について解説してきました。どんくさい人には、弱さや欠点が多いと感じられますが、強みも存在します。弱みや欠点ばかりを気にするのではなく、自分の強みについて考えるのがおすすめです。

時間をかければどんな人でも弱みは克服できるでしょう。自分の特徴や強みを理解して、自分に合った職種を探していくのが肝心です。

-仕事, 向いてる仕事

Copyright© ワーク発見ナビ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.